Omiai安心安全に使える理由

婚活アプリ Omiai 不正アクセス会員データ流出

東証一部上場の株式会社ネットマーケティングが運営する婚活アプリ「Omiai」のサーバー不正アクセスにより、171万1,756人分の会員データ、年齢確認書類、本人確認の運転免許証など画像が流出した可能性が高いと報じられた。

婚活アプリOmiai不正アクセスNHKニュース
出所:NHKニュース

ネットマーケティングIRリリースによると

対象となる情報
対象:2018年1月31日~2021年4月20日の期間に、当社へ年齢確認審査書類をご提出いただいた171万1千756件分(アカウント数)の年齢確認書類の画像データ。

年齢確認審査書類の主な種別:
運転免許証、健康保険証、パスポート、マイナンバーカード(表面)等
そのうち、全体の過半数となる約6割を運転免許証画像データが占めております。
※今回の対象データに個人番号(マイナンバー)1件が含まれている事を確認しております。これは、本来年齢確認審査書類として禁止しているマイナンバーカード裏面画像データが誤って当社へ提出された事によるものです。

情報項目:氏名・住所・生年月日・顔写真・年齢確認書類毎の登録番号の全5種
※年齢確認書類の種別により、含まれる情報項目は異なります。
※クレジットカード情報は、全て金融機関に決済業務を委託しており、当社では一切保有しておりませんのでご心配はございません。

株式会社ネットマーケティング ニュース

株式市場ではサイバーセキュリティ関連株が注目

  • デジタルアーツ(2326)
  • FFRI(3692)
  • セグエ(3968)
  • 野村総合研究所(4307)
  • サイバーセキュリティクラウド(4493)
  • トレンドマイクロ(4704)
  • 伊藤忠テクノソリューションズ(4739)
  • 富士通(6702)

米ホワイトハウスがロシアハッカー犯罪を公表

2021年5月31日、米国ホワイトハウスがJBSへのサイバー攻撃はロシア拠点の犯罪グループが関与していると公にした。ランサムウェア攻撃でハッカーが同社のコンピューターネットワークに侵入してファイル破壊などを行い、身代金の要求するという物。

JSBランサムウェア攻撃で工場停止

ブラジルの世界最大である食肉加工会社JBSのコンピューターネットワーキングがハッキングされて、豪州、カナダ、アメリカの工場で一時生産停止に追い込まれた。

サイバー攻撃の被害にあった事件で、食肉処理工場が停止の影響を受けて食肉価格上昇の懸念が広がっている。

石油輸送パイプラインが一時停止

アメリカでは先月5月7日に石油輸送パイプライン会社のColonial Pipeline Companyがランサムウェアなど複数のサイバー攻撃を受けて、米国内全てのパイプライン操業を停止した事件があったばかりだ。

JSBサイバー攻撃事件、コロニアルパイプラインサイバー攻撃事件も、米国政府が捜査に大きく関与している。後にFBI捜査報告でDarksideというランサムウェアを使ったサイバー攻撃だったと確認報告している。


おすすめの記事