千代田化工建設ストップ安、米国LNGプラント工事のコスト増影響

千代田化工建設について

日経平均株価高値引け、業績相場へリバーサル

10月31日の日本株市場は大幅続伸、2日間で日経平均株価は307円高+463円高と770円高となり、終値は2万1920円46銭で終了。TOPIXは34.66ポイント高の1646.12ポイント、東証マザーズ指数は37.46ポイント高の907.56ポイントと大幅高。上方修正を発表したMARUWAがストップ高、ソニー、アドバンテストが好決算で買われた。

東証一部の出来高は18億1191万株、売買代金は3兆4851億円、値上がり銘柄数1654、値下がり銘柄数419、変わらずは38、2018年10月の日経平均株価は2199円安となり、下落幅は2016年6月以来の大きさとなった。

前日の米国主要3指数が揃って上昇、外国為替市場では1ドル113円台の3週間ぶりの円安となったことで日本株は買い先行スタート。日経平均終値が高値引けとなり、前日のリバランスを上回る売買代金で実需の買いとの市場観測。

上海株が堅調に推移し、円安、企業決算を見て海外投資家が買い戻しを行ったうえに、実需の長期資金の買いも入ったとの観測。マザーズ指数の大幅高は先週の急落相場から追証発生の強制執行売りが一巡したタイミングで押し目買いが入ったとの観測。

千代田化工建設(6366)がストップ安、米国で合弁企業マクダーモットがLNGプラント工事での費用増加による業績下方修正を発表。千代田化工建設にも業績下方修正懸念が発生するとの思惑で午前中から急落。午後はこうした事情が周知されて売り気配からストップ安売り気配となった。

東証一部の値上がり率上位ランキングは、スミダコーポレーション(6817)、フォスター電機(6794)、豆蔵ホールディングス(3756)、MARUWA(5344)、明治電機工業(3388)、ソフトブレーン(4779)、コメリ(8218)など、値下がり率ランキング上位は千代田化工建設、マキタ(6586)、スクロール(8005)、三菱総合研究所(3636)、第一工業製薬(4461)、本多通信工業(6826)など。



【参考投資情報】
東海東京証券レポート(海外株式)
岩井コスモ証券レポート
マネックス証券レポート

千代田化工建設について

中村超硬ストップ安、大京TOBストップ高、イーブック決算発表急落

大京上場廃止

大京上場廃止、オリックスが全株取得で完全子会社化

10月29日の日本株は続落、朝方は高く始まり日経平均株価は300円近い上昇となる場面もあったが、相場下落の嫌気売りや戻り売り圧力が強く、終値は34円80銭安の2万21149円80銭、TOPIXは6.45ポイント安の1589.56ポイントで終了。

東証一部の出来高は13億7332万株、売買代金は2兆5060億円、値上がり銘柄数638、値下がり銘柄数1402、変わらずは69、東証マザーズ指数は35.42ポイント安の838.00ポイントと5日続落して年初来安値を更新した。

オリックスが大京株式公開買付すると発表、1株2970円でTOB価格にサヤ寄せするようストップ高、業績上方修正を好感してアイチコーポレーション(6345)、幸楽苑ホールディングス(7554)、信越化学工業(4063)、自社株買い発表と増配を好感して住友倉庫(9303)が大幅高。

東証マザーズ市場ではエリアリンク(8914)がストップ安、中村超硬(6166)はダイヤモンドワイヤ生産工場である沖縄工場を一時休止すると発表してストップ安まで株価急落、イーブックイニシアティブ(3658)は通期の純利益予想を下方修正したことで失望売りにてストップ安と急落した。



【参考投資情報】
東海東京証券レポート(海外株式)
岩井コスモ証券レポート
マネックス証券レポート

米国株急落ナスダック329ポイント安、日経平均株価809円安

ナスダックNASDAQ

日本株全面安、値下がり銘柄数2039

ナスダックNASDAQ
日本株急落、底値割り込み下値模索が続く。10月25日の東京株式市場は米国株安を受けて大幅安、日経平均株価は前日比809円04銭安の21282円14銭まで売られ、TOPIXは50.34ポイント安の1601.73ポイントまで下落した。

米国長期金利上昇と新興国から資金流出、新興国通貨安、米中貿易戦争で世界景気悪化懸念、イタリア予算案、英国EU離脱、企業業績決算発表シーズン、米国中間選挙など、多数の国際情勢から投資ファンドが株式などリスク資産から安全資産の債券やキャッシュポジションを高めているとの観測。




東京株式市場の前引けは日経平均618円30銭安の21472.88円、TOPIX38.30ポイント安の1613.77ポイントで終了。東証一部の出来高は7億6949万株、売買代金1兆3581億円、値上がり銘柄数55、値下がり銘柄数2039、変わらず13と全面安。

【参考投資情報】
東海東京証券レポート(海外株式)
岩井コスモ証券レポート
マネックス証券レポート
シーズ・ホールディング買収TOB価格にサヤ寄せストップ高

IPOギフト(9279)、ディ・アイ・システム(4421)が新規上場

横浜家系ラーメン

ギフト初値3710円、ディ・アイ・システム初値持越し

横浜家系ラーメン
10月19日の日本株市場は続落となったが、大引けに向かって下げ幅を縮小。日経平均株価の終値は126円08銭安の2万2532円08銭、TOPIXは11.79ポイント安の1692.85ポイントで終了。

東証一部の出来高は12億8165万株、売買代金は2兆3989億円、値上がり銘柄数616、値下がり銘柄数1409、変わらずは84、新規上場は2銘柄、東証マザーズ市場に横浜家系ラーメンを展開するギフト(9279)と、JASDAQ市場にシステムインテグレーション事業のディ・アイ・システム(4421)が上場した。

上海株安、イタリア情勢、ドイツ選挙、アメリカとサウジアラビアの関係悪化など世界情勢に不安要素がつきないが、午後は中国副首相が米国と貿易に関する接触しているとの報道から、中国株が上昇に転じ、日経平均も下げ幅を縮小した。




業績下方修正を発表したジャパンフーズ(2599)が東証一部市場の下落率ランキングトップ、ヤマダ電機(9831)業績下方修正は通期営業利益721億円予想から294億円に大幅減益予想とネガティブ、築地から豊洲へ市場が移転した影響で東都水産(8038)が売られ、消費増税時にクレジットカード手数料引き下げ要請との報道で、イオンフィナンシャルサービス(8570)、クレディセゾン(8253)、丸井グループ(8252)、楽天(4755)などクレジットカード会社の株価が下落。

ユニー経営立て直しが評価されているドンキホーテ(7532)は外資系証券が目標株価を引き上げ、ソースネクスト(4144)はポケトーク好調を手掛かりに年初来高値を更新、製品データ不正書き換えで売られてたKYB(7242)は13営業日ぶりに反発。ヴィンクス(3784)は無人レジ関連として注目され、コロプラ(3668)は新タイトルのダウンロード数が好材料視されて株価値上がりした。

東証一部の上昇率上位はFIG(4392)、エックスネット(4762)、メンバーズ(2130)、セントラル警備保障(9740)、イーブック。イニシアティブ(3658)など、下落率ランキング上位はジャパンフーズ(2599)、モバイルファクトリー(3912)、ランド(8918)、GMOペイメントゲートウェイ(3769)、象印マホービン(7965)など。

IPOプリントネット初値2041円、公開価格を45.8%上回る

プリントネットIPO初値

日経平均3日ぶりに反落、リバウンド上限に達した感も

10月18日の日本株式市場は3日ぶりに反落、日経平均株価の終値は182円96銭安の2万2658円16銭、TOPIXは9.23ポイント安の1704.64ポイントで終了。IPOプリントネット初値は公開価格1400円を45.8%上回る2041円、不動産投資住宅販売のシノケングループが二重契約報道で株価急落した。

東証一部の出来高は12億2855万株、売買代金は2兆2700億円、値上がり銘柄数709、値下がり銘柄数1313、変わらずは87、中国関連の工作機械セクターが弱く、ファナック(6954)、安川電機(6506)、オークマ(6103)が売られ、訪日外国人客数が5年8ヶ月ぶりに前年比減となったことで、資生堂(4911)、コーセー(4922)など化粧品コスメ・インバウンド関連株も軟調に推移。

アパートローン関連・投資用不動産業種に警戒売り

頭金0円でアパート建設「年収500万円から始められる!シノケンのアパート経営」TVコマーシャルで有名なシノケングループ(8909)が急落。午前11時前後から下落して、午後1時10分に値幅制限下限の300円安、827円ストップ安まで急落した。

破綻した「かぼちゃの馬車」と似た方法で、顧客のアパート建設資金融資申請を二重契約する形で行っていたと報じられ、TATERU(1435)やスルガ銀行(8358)を連想する投資家から売り急ぎの展開。取引銀行の西日本フィナンシャルホールディングス(7189)も急落して年初来安値を更新した。

投資家からは投資用不動産関連株への警戒感が再燃、大東建託(1878)、レオパレス21(8848)、スルガ銀行(8358)、エフ・ジェー・ネクスト(8935)が下落したがグローバルリンクマネジメント(3486)は続伸となった。

東証一部市場の値上がり率ランキング上位銘柄は、ネオス(3627)、エスケイジャパン(7608)、エス・サイエンス(5721)、ソースネクスト(4344)など、値下がり率ランキング上位銘柄は、KYB(7242)、田淵電機(6624)、GENKYDRUGSTORE(9267)、安川電機(6506)、西日本フィナンシャル(7189)など。






KYBストップ安、NTT都市開発TOB価格にサヤ寄せ大幅続伸

KYB記者会見

日本株窮地を脱したかザラバ410円高

KYB記者会見
10月17日の日経平均株価は大幅続伸、ザラバでは410円高の22959円41銭まで上昇する場面もあった。終値は291円88銭高の22841円12銭、TOPIXは25.96ポイント高の1713.87ポイントで終了。

東証一部の出来高は12億9068万株、売買代金は2兆5140億円、値上がり銘柄数1950、値下がり銘柄数119、変わらず40と全面高。KYBがストップ安、田淵電機がストップ高、業績下方修正した川崎汽船、商船三井が大幅安。

前日の米国株はNYダウが547ドル高と急上昇したことを受け、日本株も高く始まった。東京エレクトロン、ソニー、SUMCOなど半導体ハイテク株が大幅高、米国株式市場でゴールドマンサックスが買われた流れで、野村ホールディングスが日足ローソク窓を開けて続伸。

決算発表後に失望売りとなってた安川電機が連日の買戻しや押し目買いが入り、訪日外国人客数が5年8ヶ月ぶりに前年割れとなりインバウンド関連株へ警戒されたが資生堂、コーセー、ポーラオルビス、マツモトキヨシなどこじっかり。



日本電信電話(NTT)による株式公開買付を発表されたNTT都市開発はTOB価格にサヤ寄せするよう大幅続伸、田淵電機はスポンサーのダイヤモンド電機から30億円を調達することになり経営再建期待でストップ高、ノジマは業績上方修正、Gunosyは銀行系証券会社が投資判断を引き上げたことが買い手掛かり材料となった。

東証一部下落率ランキングトップは前日に製品データ書き換え不祥事記者会見したショックアブソーバー世界首位級のKYBが値幅制限の下限まで売られストップ安。高級ステーキ展開のブロンコビリーは決算で減益となったことが嫌われ大幅安、川崎汽船、商船三井、日本郵船の海運大手3社は、新会社オーシャンネットワークエクスプレスの業績下方修正で売られた。

https://online-kabu.com/2018/10/17/downranking-kyb/

選ぶなら!岩井コスモ証券の取引所FX!
投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】
FXを始めるなら≪DMM FX≫!最大2万円キャッシュバック!




マネックス証券

マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン

米国株大幅安リスクを過小評価すべきでない大手証券レポート

世界同時株安

日経平均急落、2009年からの上昇相場が終わる可能性

10月11日の日本株市場は日経平均株価・TOPIXとも急落。一時は1000円超の下落もあり終値は915円18銭安の22590円86銭、TOPIXは62ポイント安の1701.86ポイントで終了。

10月10日の米国株式市場でダウ平均株価が831ドル83セント安の25598ドル74セント、ナスダック総合指数が315.97ポイント安の7422.05ポイントと急落した流れを受け、東京株式市場も大幅安で始まった。日経平均株価安値は1047円02銭安の22459円02銭まで売り込まれる場面もあった。

安川電機(6506)は前日の引け後に発表した決算がネガティブで、株式市況悪化と重なり大幅安。任天堂(7974)、ソフトバンクグループ(9984)、ファストリテイリング(9983)、ファナック(6954)、東京エレクトロン(8035)、村田製作所(6981)、コマツ(6301)など主要銘柄が軒並み安。

東証一部の出来高は19億5248万株、売買代金は3兆7587億円、値上がり銘柄数56、値下がり銘柄数2050、変わらず4、技研製作所(6289)は好決算で買われ個別銘柄で上昇率トップ、ユニー全株式を買い取るドンキホーテ(7532)が10%を超える大幅高で新高値更新、ベア型ETFの日経ダブルインバース(1357)が商いを伴って上昇した。

多くの市場関係者は「一時的な急落」で押し目買い好機と楽観論が多い中、三菱UFJモルガン・スタンレー証券から「米国株大幅安:リスクを過小評価すべきでない」とストラテジーレポートをリリース。レポートでは「リスクシナリオだが、2009年からの上昇相場が終わる可能性も」と、6ページのレポートが市場関係者の話題となった。

選ぶなら!岩井コスモ証券の取引所FX!
投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】
FXを始めるなら≪DMM FX≫!最大2万円キャッシュバック!




マネックス証券

マネックス証券、新規口座開設51000円プレゼントキャンペーン

ブリッジインターナショナル初値4920円、公開価格2310円の2.13倍

ブリッジインターナショナルIPO

米国金利上昇で銀行株が値上がり

10月4日、日本株は続落となった。日経平均株価は135円34銭安の2万3975円62銭、終値で24000円を割り込み、TOPIXは1.54ポイント安の1801.19ポイントで終了となった。東証一部の出来高は15億9002万株、売買代金は3兆1077億円、値上がり銘柄数1236、値下がり銘柄数800、変わらずは74、IPOブリッジインターナショナル初値は4920円。

米国金利上昇を受けて銀行株が強い、金利敏感株が買われ、外国為替市場は1ドル「=114円台半ばまで円安が進行した。しかし米国金利上昇が新興国から投資資金が引き揚げになると警戒されて午後は軟調に推移した。

IPOは上場2日目にブリッジインターナショナル(7039)が初値をつけた。公開価格2310円に対して2.13倍の4920円が初値となった。IPO前評判が高く、セカンダリー投資資金も流入して初値形成後は、初値比700円高の5620円ストップ高となった。

東証一部値下がり率ランキングトップは、公募増資を発表した東急不動産ホールディングス(3289)が希薄化を嫌って急落。寿スピリッツ(2222)、コーセー(4922)、ファンケル(4921)、資生堂(4911)などインバウンド需要関連・コスメ化粧品関連が下落したのが目立った。

大和証券はSIXPADのMTG(7806)レーティング新規「1」、ヤーマン(6630)「2」とするレポートを発行した。美容機器はアジア市場開拓を取り込み成長拡大があると評価。スルガ銀行(8358)はゴールドマンサックス証券が目標株価を2300円→650円へ引き下げ売られた。

トヨタ自動車(7203)とソフトバンクグループ(9984)が新会社を設立と記者会見を開き注目された。任天堂(7974)は新型 Switch を2019年に投入と報じられたが株価の反応は瞬間的だった。金利上昇を受け、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、みずほフィナンシャルグループ(8411)などメガバンクは揃って上昇。

会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方