日経平均大幅高、8ヶ月ぶりの高値に海外投資家による日本株買い

TATERUストップ高、そーせいグループストップ安

9月19日の日本株式市場は大幅続伸、日経平均株価は23800円台まで上昇、TOPIXは1792ポイント台まで上昇、共に4日連続高となった。日経平均は4連騰で1200円超の上げ幅で後場は23800円台から伸び悩み大幅高だがきょうの安値引けで終了。

日銀金融政策決定会合は現状維持、韓国・北朝鮮2カ国首脳会談、上海総合指数や香港ハンセン指数も大幅高となりアジア株式市場は全面高。

日経平均23000円の壁を抜けたことで投資家心理が強気に傾いた、東証一部市場の売買代金は2兆9670億円、出来高は16億0235万株、値上がり銘柄数1775、値下がり銘柄数279、変わらずは54、TATERU(1435)が2日連続ストップ高、自社株買いを発表したランドビジネス(8944)がストップ高、東海東京証券が目標株価を引き上げたMARUWA(5344)は610円高の7610円と値上がり率ランキング7位、エアコンメーカーのダイキン工業(6367)は上場来高値を更新した。

相場が盛り上がる一方で東証マザーズ市場では、そーせいグループ(4565)がストップ安売り気配。前日に年初来高値1855円を記録したタイミングで400円安の1424円まで急落。そーせいグループHTL0018318臨床開発の中断を発表したことがネガティブサプライズとなった。

キーエンス(6861)、SMC(6273)、任天堂(7974)など一時期よりも株価が低迷してた値嵩株の大幅高は買戻いが強く入った様子。売買代金上位ランキングはファーストリテイリング(9983)が1430円安とSQ通過後に大きく売られている、ソフトバンクグループ(9984)、リクルートホールディングス(6098)、ソニー(6758)、東京エレクトロン(8035)が上昇した。

選ぶなら!岩井コスモ証券の取引所FX!
トレイダーズ証券株式会社 「みんなのシストレ」(旧:みんなのFX)
FXを始めるなら≪DMM FX≫!最大2万円キャッシュバック!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA