クレディスイスが日経平均先物を売り越しに転じ下落幅が大きくなった

クレディスイス日経平均先物手口

外資系証券による日経平均先物手口に注目

日経平均株価2万3000円の壁に何度も失敗して、日本企業業績、日本株の割安感から引き続き23000円超えに期待が残るものの、投資家の間には先週よりも今週になってからトーンダウンしてきた印象。

足元の日経平均株価推移は、8月21日終値22199円から8月31日終値22869円50銭まで8日連続高となった。市場関係者は昨年10月、日経平均16連騰を記録して以来の相場の強さに期待感が高まりました。

この間、高値は8月27日の2万3006円83銭と、8月28日の2万3032円17銭で、どちらも23000円から押し戻される値幅とスピードが早く、8月31日から9月4日まで3日続落となっています。

マーケット関係者は、クレディスイス証券の日経平均先物手口に注目。東海東京証券の資料を引用すると、8月31日にクレディスイス証券が日経平均先物を売りに転じ、棒グラフで濃い青色の長さが大きい点に注目されます。

同証券では一目均衡表の転換線(9月4日時点)22705円が下値支持になるか焦点、としていましたが終値ベースでは22696円で転換線を下回っています。次に意識されるのが基準線の22441円ですが、「基準」というだけあって、この節目を下回ると相場の方向性が変化してしまいますので避けたいところ。

クレディスイス日経平均先物手口
untitled

【公式ページ】東海東京証券口座開設
投資を自動で記録分析してくれる無料アプリ【マイトレード】

一目均衡表の研究

TATERUショック、投資用マンション・アパート関連企業株価急落

TATERU-InvestorsCloud

スタートトゥデイに思惑・先回り買いの動き?

9月3日の日本株市場は日経平均株価が続落、TOPIXは3日連続安、米国とカナダのNAFTA合意がなされず、中国に対して2000億ドルの制裁関税発動予定で手控えムード。日経平均終値は157円77銭安の2万2707円38銭、TOPIXは15.04ポイント安の1720.31ポイントで終了。

不動産とフィンテックを融合して成長企業とみられてたTATERU(1435)がストップ安。アパート建設資金の融資審査を通りやすくするために預金通帳の残高改善を行っていたことが発覚、スルガ銀行(8358)とスマートデイズ(かぼちゃの馬車)シェアハウス融資問題と類似している事件が嫌気されて400円安の1206円と値幅制限まで売られた。

IoTアパート経営/TATERU Apartment

TATERUの不祥事発覚からアパート投資関連、不動産投資関連に連想売り。大東建託(1878)、レオパレス21(8848)、シノケングループ(8909)が下落、戸建て再販のカチタス(8919)や、サブリース物件を扱うAMBITION(3300)、「アルテシモ」ブランドの投資用マンション開発販売を手掛けるグローバル・リンク・マネジメント(3486)、不動産クライドファンディングが好調のロードスターキャピタル(3482)など下落率は7%~8%と大幅安。

総務省が格安スマホと速度差別を禁止するという報道で格安スマホ・SIMカード販売の日本通信(9424)が急騰、日特建設(1929)は麻生グループのエーエヌホールディングスが1株780円で株式公開買付すると発表され上昇率トップとなった。外需要因不安からトヨタ自動車(7203)が114円安の6816円と大幅安、代わってスタートトゥデイ(3092)、マツモトキヨシ(3088)、元気寿司(9828)、イオン(8267)など内需関連株がしっかりとなった。

日経平均銘柄入替予想2018年秋はサイバーエージェント、ZOZO




買い遅れた投資家の買い出動と連騰による週末前の利益確定売り

フォスター電機

フォスター電機自社株買いを好感して値上がり率ランキング1位

午前10時の日経平均株価は105円42銭安の22764円08銭、TOPIXは8.03ポイント安の1731.11ポイント。朝方は安く始まったが下げ幅を縮小、投資家の買い意欲は週末前に利益確定売りと、出遅れた投資家の買いが交錯状態。

米国株式市場はトランプ大統領が中国向けの追加関税発動の意向と報じられて5営業日ぶりに反落。来週月曜日がレイバーデイで祝日となり、3連休前で株価上昇してたタイミングで投資家は利益確定売りが優勢となったが、アマゾン、アップルなどが買われ相場は堅調との見方も優勢。

8月31日の日本株市場は米国株式市場が下落したことで、日経平均先物が下落、前日比136円25銭安の2万2733円25銭で寄り付き、その後は下げ幅を縮小している。

東証一部値上がり率ランキングトップはフォスター電機(6794)、前日に発行済み株式数の14.5%に相当する自社株買いを発表して買い気配から始まった。CB500億円発行して希薄化が嫌われ売られたSBIホールディングス(8473)が急反発、ドイツ証券が投資判断を「HOLD」→「BUY」格上げ、目標株価2750円→3400円に引き上げたことが好感ざれた。

日経平均株価7日連続高、日本エスコンが中部電力傘下でストップ高

日本エスコン中部電力傘下

 

8月配当銘柄が反動安、新興銘柄にリバウンド目立つ

8月29日の日本株は日経平均株価が7日連続高、TOPIXは4日続伸となった。日経平均は前日に2万3000円台に乗せたが上げ幅を縮小、市場関係者は終値で2万3000円台をキープできるかに注目しているが、上値が重たい印象。

マーケット関係者からは、日経レバレッジに絡む野村證券経由の日経平均先物売りが出て、相場の上昇をけん引するクレディスイス証券経由の先物売りは少し出た感じだという。今の日本株を語るには日経平均株価よりもTOPIXの動きが出遅れているところがポイントだという。TOPIX先物については、年金基金や投資信託の営業が主体のゴールドマンサックスからの買いが膨らめば強い相場になるとの観測。

メリルリンチの格上げで日本郵船(9101)が続伸、業種別株価指数の値上がりトップは海運業、非鉄金属、銀行業と並んだ。金利上昇から三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)、三井住友トラストホールディングス(8309)など金利敏感株が上昇、中部電力が株式を買い取り取得すると発表された日本エスコン(8892)がストップ高、スルガ銀行(8358)は買い戻しや、創業家出身の会長が引責辞任を発表したことで4日連続高となった。

東証一部市場の上昇率ランキング上位は、ミライアル(4238)、日本エスコン、スターティア(3393)、双信電機(6938)、サムティ(3244)、イーブック(3658)、レノバ(9519)、石川製作所(62089、豊和工業(6203)、日本通信(9424)などがランクイン。

値下がり率ランキング上位には、ネオス(3627)が第三者割当増資による希薄化を嫌って大幅安、文化シャッター(5930)も100億円の新株予約権付社債の発行で値下がり率3位となった。SBIホールディングス(8473)も500億円のCB発行が将来の需給悪化要因となり売られた。

8月株主優待銘柄・8月配当銘柄が権利落ちで反動安。イオン(8267)、ローソン(2651)、コジマ(7513)、ビックカメラ(3048)などが軟調に推移した。

新興市場では業績下方修正で株価急落後から中村超硬(6166)が出直り上昇、エクストリーム(6033)は投機的マネーの流入でストップ高、UUUM(3990)が上場来高値更新、ペット市場の拡大からSMBC日興がレポートで紹介したアイペット損害保険(7323)が5.35%値上がりした。

日経平均株価2万3000円到達、6日続伸するも安値引け

日経平均2万3000円到達も利益確定の売りに押される

8月28日の日本株は4度目の2万3000円トライに成功後、利益確定売りに上値が重く安値引け。8月配当権利付き最終売買日で日経平均は6日連続高、TOPIXは2.68ポイント高の1731.63ポイントで終了。

メリルリンチ証券が格上げした日本郵船(9101)が高く、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)も連高となった、自動車輸入関税への懸念が後退してトヨタ自動車(7203)やホンダ(7267)も買われ、いちよし証券がレーティングを「A」に格上げした第一精工(6640)が3日続伸、IBJ(6071)はSBI証券が投資判断「強気」を継続したことで6.58%値上がりとなった。

投資用マンション、中古マンショ販売を扱うイーグランド(3294)が業績下方修正を発表して東証一部市場の値下がり率ランキングトップとなった。マンション業界の販売がピークを打った観測や、銀行による融資厳格化の影響が出始めているとの警戒が投資家の間に広がった。

マザーズ市場では8月22日に新規上場したチームスピリット(4397)が大幅安、ベンチャーキャピタル保有株の売りが出尽くせば働き方改革関連銘柄で投資テーマとして人気があるので株価上昇すると見られているが、上値の重さと下落幅が大きいことで個人投資家から見切り売りも出たとの観測。一方で、サンバイオ(4592)、アンジェス(4563)などバイオ株、下げ止まり感が見え始めたMTG(7806)が大幅高。

フルスピード9月1日から東証二部市場へ指定替えを発表

フルスピード

東証マザーズ、フルスピードが東証二部へ昇格

東証マザーズ上場のフルスピード(2159)は8月24日引け後、東京証券取引所から東証二部市場への上場市場変更承認を受けたと公表した。

フルスピードIRには、「東京証券取引所市場第二部への上場市場変更の承認に関するお知らせ」を開示している。今回の東証二部へ指定替えに株式売出し等の発表はしておらず、需給面は良好で株価にポジティブな反応となりそうだ。

フルスピード

カンファレンスバナー

エクストリーム(6033)ストップ高、そーせい筆頭株主が買い増し

topix20180824

鉄鋼関連が売られ新興市場に急騰銘柄が続出

topix20180824

8月24日の東京株式市場は4日続伸、後場に入り上げ幅を拡大して日経平均株価は190円95銭高の2万2601円77銭と大幅高。しかも1日の高値圏で取引を終えた。TOPIXは10.98ポイント高の1709.20ポイントで終了。

ソフトバンクグループ(9984)やファーストリテイリング(9983)など日経平均株価指数影響度の高い値嵩株が買われ、1ドル=111円台へ円安となったこと輸出関連株にメリットだが、日産自動車(7201)、ホンダ(7267)、マツダ(7261)、スズキ(7269)など自動車関連株は軒並み安。トヨタ自動車(7203)だけ上昇が目立ちインデックスに絡む需要の買いと話題になった。

スズキは中国撤退報道、マツダは証券会社から投資判断・目標株価の引き下げがあり株価にネガティブに反応した。エーザイ(4523)は日経新聞が「来期営業利益1020億円超」と報じて大幅高、セコム(9735)は東京五輪などセキュリティ警備需要が増えるとの思惑で年初来高値を更新。

いちよし証券レーティング格上げした第一精工(6640)は11%の上昇、三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「BUY」に格上げしたリゾートトラスト(4681)は4.48%上昇、野村證券と東海東京証券が目標株価引き上げした朝日インテック(7747)が急反発して3.58%上昇となった。

一方で鉄鋼、カーボンが売られた。中国とアメリカが貿易交渉に入ったが、大きな進展がみられず貿易デメリットとして新日鐵住金(5401)、JFEホールディングス(5411)、黒鉛電極不足で鉄鋼生産に関係する東海カーボン(5301)、日本カーボン(5302)、SECカーボン(5304)、総合耐火物大手の黒崎播磨(5352)、品川リフラクトリーズ(5351)が大幅安となった。

直近IPOのチームスピリット(4397)は1円安と続落、メルカリ(4385)は5日ぶりの反発、SixPadの販売成長が期待されるMTG(7806)はIPO後の高値から2000円近く下落しており、株価底入れが期待された様子。

東証一部の値上がり率ランキング1位はオルトプラス(3672)、スマホ向け新作ゲーム配信が材料となり2日連続ストップ高、2位は日本MDM(7600)、第一精工、ハウスドゥ(3457)、システムインテグレータ(3826)、オロ(3983)と続いた。

新興市場ではマザーズ市場の値上がり率トップはMマート(4380)、2位にエクストリーム(6033)がランクイン。エクストリームは中国でiOS版のスマホゲーム「ラングリッサー」のロイヤリティ収入が今3月期の業績予想に織り込んでいないとして、株価1700円台から12320円まで急騰後、株価半値の6000円台まで下落してから投資家に関心が高かったが、きょうは1500円高の8850円ストップ高まで大幅続伸、そーせいグループ(4565)は筆頭株主の個人投資家が保有株比率を高めたことで買い材料視され5%超の上昇となった。

知ってましたか??FX会社の中で「外為オンライン」が選ばれる理由を。
今だけ株式手数料無料!ライブスター証券

日経平均3日続伸、IPOチームスピリット上場2日目続落

topix-20180823

8月初の日経平均3日続伸

topix-20180823

8月23日の東京株式市場は3日続伸、日経平均株価は48円27銭高の2万2410円82銭、TOPIXは0.15ポイント安の1698.22ポイントで終了。日経平均株価が3日続伸するのは8月に入って初めての事。

米国金利上昇の思惑でドル高円安となり、米中貿易交渉が行われている点も株式買い材料となった。しかし24日のジャクソンホール会合を控えていることで様子見ムードが強いなか膠着状態。

菅官房長官の「携帯電話料金は4割程度下げ余地がある」との発言で急落した、KDDI(9433)。NTTドコモ(9437)、NTT(9432)が大幅反発、ソフトバンクグループ(9984)は通信会社というより、投資会社との見方が強く株価下落した。

売買代金上位銘柄には任天堂、ソフトバンク、ファーストリテイリング、スズキ、スルガ銀行がランクイン。スルガ銀行(8358)は日経報道で「不正融資1兆円」とのネガティブサプライズ記事で、22日にストップ安、23日は大幅続落ながらも出来高5413万5200株と大商い、機関投資家が投げ売り、買っている投資家は誰だろう?ということが話題になった。

JPモルガンがレーティング引き上げたアルバック(6728)が高く、国内証券の投資格付けでメガチップス(6875)が大幅続伸、会社説明会を開催したことが材料視されてハウスドゥ(3457)が後場急伸となった。

東証一部値上がり率ランキング上位は、オルトプラス(3672)、オープンドア(3926)、ネオス(3627)、富士PS(1848)、アトラ(6029)などが並んだ。

値下がり率ランキング上位は増資希薄化を嫌った売りで大同メタル工業(7245)が200円安の971円と急落して値下がりトップ。アルヒ(7198)、スルガ銀行(8358)、タダノ(6395)、ティアック(6803)、TATERU(1435)などが下落率ランキング上位となった。

前日のIPO、チームスピリット(4397)は公開価格の2倍以上で初値をつけたが、初値形成後はストップ安まで急落。上場2日目も下落率6.10%、117円安の1800円と大幅続落となっており、新規公開株が初値天井ではセカンダリー投資家が離れてしまうと危惧する意見が聞かれた。

無料の株管理アプリ『マイトレード』
「WealthNavi」で資産運用