米国経済

バリュー株は約0.8%上昇、グロース株は0.62%安

3月12日の米国株式市場は5日連続でNYダウ平均株価が最高値を更新、終値は293ドル05銭高の3万2778ドル64セント、ナスダック総合指数は78.81ポイント安の1万3319.86ポイントで終了。

米国追加経済対策法の成立により1兆9000億ドル規模の経済対策は、米国経済成長率7%~9%に達する公算が大きく、金利上昇圧力が高まるとの意見もヘッジファンド関係者から聞かれた。

追加経済対策に恩恵を享受するバリュー株、シクリカル株、景気敏感株などの株価上昇。この日、バリュー株は約0.8%上昇、グロース株は0.62%安となった。

相場上昇牽引役だったグロース株のフェイスブック、アップル、アマゾンドットコム、ネットフリックス、アルファベット(Google)、テスラ株価は軒並み安。

ボーイング株価は6.82%上昇、金利上昇期待から銀行株・金融業種株価が上昇、建設機械世界大手キャタピラーも買われた。

おすすめの記事