日経平均株価2万3000円到達、6日続伸するも安値引け

日経平均2万3000円到達も利益確定の売りに押される

8月28日の日本株は4度目の2万3000円トライに成功後、利益確定売りに上値が重く安値引け。8月配当権利付き最終売買日で日経平均は6日連続高、TOPIXは2.68ポイント高の1731.63ポイントで終了。

メリルリンチ証券が格上げした日本郵船(9101)が高く、商船三井(9104)、川崎汽船(9107)も連高となった、自動車輸入関税への懸念が後退してトヨタ自動車(7203)やホンダ(7267)も買われ、いちよし証券がレーティングを「A」に格上げした第一精工(6640)が3日続伸、IBJ(6071)はSBI証券が投資判断「強気」を継続したことで6.58%値上がりとなった。

投資用マンション、中古マンショ販売を扱うイーグランド(3294)が業績下方修正を発表して東証一部市場の値下がり率ランキングトップとなった。マンション業界の販売がピークを打った観測や、銀行による融資厳格化の影響が出始めているとの警戒が投資家の間に広がった。

マザーズ市場では8月22日に新規上場したチームスピリット(4397)が大幅安、ベンチャーキャピタル保有株の売りが出尽くせば働き方改革関連銘柄で投資テーマとして人気があるので株価上昇すると見られているが、上値の重さと下落幅が大きいことで個人投資家から見切り売りも出たとの観測。一方で、サンバイオ(4592)、アンジェス(4563)などバイオ株、下げ止まり感が見え始めたMTG(7806)が大幅高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です