IPOリンク、ベルトラにセカンダリー投資家マネー流入

12月26日の日本株市場は、前場は日経平均株価が375円高の局面もあったが、後場寄り後にマイナスに転落。大引けに向けて急上昇、171円32円高の19327円06銭、TOPIXは1.12ポイント高の1431.47ポイントで終了。

12月25日に東証マザーズ市場へ新規公開した2銘柄、リンク(4428)は13.4%上昇、1080円高の9140円、ベルトラ(7048)は13.45%上昇、67円高の565円とIPOセカンダリー投資が順調だった。

売買代金ランキングトップは、日経レバレッジ(1570)、ソフトバンクグループ(9984)、日経ダブルインバース(1357)、任天堂(7974)、ファーストリテイリング(9983)など、ブル型ETFが買われるのは急落後のリバウンド期待する投資家が優勢だった表れ。

ユニー・ファミリーマート(8028)、Fリテ、ソフトバンクGなど値嵩株が軟調だったが、トヨタ自動車(7203)、ソニー(6758)が反発、キーエンス(6861)は1480円高の53000円と大幅高となる場面は明るいネタとなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA